知らずに使ってた!10年後の健康のために今できること。経皮吸収とは?

http://za-kounou.com/keihi-doku
LINEで送る
Pocket

化粧水を手作りするようになって気になりだしたのが、経皮吸収について。経皮吸収とは?! 今まで添加物や農薬など、直接口にするものは気にすることが多かったですが、皮膚に付いた洗剤など化学合成物質については、肌が荒れる くらいにしか考えていませんでした。肌に塗った成分がまさか内臓にまで入っていって、しかも溜まってしまう?
私たちの周りにあふれている有害物質を、できるだけ体内に入れないようにするためにできること。経皮吸収について考えてみます。

経皮吸収とは?

私たちが体内に物質を取り込む経路は主に3つあります。口から(経口吸収)、呼吸から(経気道吸収)、そして皮膚から(経皮吸収)です。
安全な食べ物(口から)、綺麗な空気(呼吸から)、に意識を向けることは多いですが、皮膚から体内に入る物質についてはあまり気にせず過ごしているのではないでしょうか。

しかし考えてみれば、禁煙補助のタバコパッチ、呼吸を楽にする気管支拡張薬パッチ、筋肉やコリをほぐす消炎鎮痛シート等々、薬品を経皮(皮膚から)吸収させるものって意外とありますね。

経皮吸収で有害物質が体内に溜まっていく?

薬品や精油、身体によい影響がある物質ならまだしも、有害物質は皮膚から吸収させたくありません。
しかし、私たちの身のまわりには、石鹸、洗剤、化粧品、保存料、香料、化学繊維の衣料品、農薬、肥料、接着剤、塗料、…… 人体にトラブルを招く化学物質があふれています。
体内へ吸収されてしまった化学物質は肝臓や腎臓を経由し、解毒・分解、そして排出されてゆきますが、吸収量が多過ぎたり、不健康な生活が続くと、体内から排出されにくくなります。
一般に、水溶性の化学物質の方が排出されやすいです。脂溶性の化学物質は、体内に入ると脂肪の多い場所へ向かいます。皮下脂肪をはじめ、脳、肝臓、子宮などに蓄積されてゆくのです。
また、経口吸収より経皮吸収されたものの方が排出されにくいといわれています。

部位別 経皮吸収率

身体の部位によって皮膚から吸収される量はこんなに違いがあります。

腕の内側の皮膚を 1 としています。

  • 頭皮    3.5
  • ひたい   6
  • あご    13
  • ワキ    3.6
  • 背中    1.7
  • 前腕(外側) 1.1
  • 前腕(内側) 1
  • 手のひら  0.83
  • 性器    42
  • 足首    0.42
  • 足の裏   0.14

   Feldmann RJ et al: J Invest Dermatol 48: 181-183, (1967)

頭皮は腕の3.5倍、性器の皮膚は腕のなんと42倍!!

経皮吸収される毒といえば、頭皮を洗うシャンプー、おむつや生理用品がよくあがっていますが、吸収率が高い為だったのですね。ひたいやアゴの吸収率を見ると、顔につけるものも気を使った方がよさそうです。
さらに、
皮膚の柔らかい幼児、皮膚の荒れた高齢者はさらに吸収率が高くなる。
お風呂場など温度が高い方が吸収率が高くなる。
ことも注意する点です。
唇、口内、肛門、性器など粘膜部分は皮膚よりずっと吸収率が高いので
歯磨き粉の成分も考えなくてはいけませんね。

化学物質が体内に蓄積されるとどんな症状が?

うまく排出されず体内に蓄積された化学物質は、様々なトラブルの原因になります。

  • アレルギーなど免疫疾患
  • 子宮がん、子宮筋腫など婦人病
  • アルツハイマーや発達障害など脳障害
  • 遺伝子が傷つき、癌の発症
  • ホルモンバランスの乱れ
  •  など

化学物質以外の要因もこれらの症状を引き起こしますが、
知らないうちに体内に取り込んでいた化学物質のせいでもこのような症状が引き起こされるとは。

経皮吸収を避けるために何ができるか?

食事や呼吸からだけでなく、経皮吸収、皮膚からも有害な物質が入り込んでいた(らしい)身体。

体内に有毒な物質を溜めずに追い出すには、

  • 適度な運動と休息
  • 適度な水分補給
  • バランスの良い食事でビタミンミネラルをしっかり摂ること

が大切です。

今後できるだけ皮膚から毒を取り込まないためには、
直接肌につけるものに気をつけてみましょう。

  • 医薬品 (私はほぼ使いません)
  • 化粧品 (簡単手作り化粧水で解決)
  • シャンプー、コンディショナー (石鹸シャンプー挑戦中)
  • 石鹸 (マジックソープ買ってみました)
  • 洗濯洗剤 (まだ合成化学洗剤使用中)
  • さらに気を付けるなら

  • 化学繊維の衣類 (いずれは全部オーガニックコットンや麻製品にしたいなぁ)
  •   など。

まとめ

シャンプーの中の化学物質が皮膚(細胞の中や細胞と細胞の隙間)から体内に入り込むなんて今まであまり考えたことがありませんでした。現代社会では化学物質を完全に避けて生活することは不可能です。良い香りでツヤツヤの髪になる化学合成物質のシャンプーは捨てがたいですが、10年後の健康のために、ストレスにならない範囲で自然素材の物を取り入れていこうとおもいます。アレルギーなど原因不明の不調も、もしかしたら知らないうちに体内に入り込んでいた化学物質のせいかもしれません。さらなる健康体を期待してナチュラルライフをたのしみましょう♪

LINEで送る
Pocket

投稿者: za-kounou

はじめまして。 旅好き自由人はたです。 所持品パソコン1台!の生活を目指し早8年。意識的に荷物を減らしていますが、常に衣装ケース5箱ほどはありますな。。 人生をたのしむ。心身共に健康に過ごす。 欲も減らしてシンプルライフ! まだまだ修行が必要な私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です